産婦人科で治せる病気|同性の医師がいるから安心

女医

初めての診察に備えて

女医

緊張しないで大丈夫

女性に生まれた以上、早い人も遅い人もいるが必ず診察してもらう事があるのが産婦人科です。産婦人科と名前を聞くだけで、初めての診察で何をされるのか、診察室はどんな雰囲気かなど大なり小なり不安が生じると思います。でも、恐れるほど怖い診察はありませんので安心してください。大阪にはたくさんの産婦人科がありますが、基本的な診察はどこの病院でも同じです。その他の細かな検査は、大阪に限らず決まった産婦人科のみが診察をしています。診察希望の内容にもよりますが、大阪でも高度の診察をしている病院もあります。まずは、自分が診察してほしい内容を探し、病院を決めた方がよいと思います。大阪でも高度な病院にかかるのに紹介制のところもありますのでよく調べてみましょう。

診察に必要な情報はメモを

初診の場合は、どこの病院も簡単な問診票が存在します。例えば、初経はいつですかとか妊娠や出産の有無、流産や中絶の経験など、女性特有の質問が事前に用意されています。受付で困らないように事前に簡単にメモしておく事でスムーズに受け付けが終了します。また、問診票に記載した事は秘密事項にあたりますので情報が漏れる事はありません。包み隠さず記入しましょう。診察室には、産婦人科独特の診察台があります。下着を脱いでの診察になりますので、脱ぎ着しやすい服装が好ましいです。診察台に上がると、カーテンなどで腰より下は区切られる病院が多いので、診察状況は自分では見れません。力を入れずに気持ちをゆったりとして診察してもらいましょう。自分に合った医師を見つけ信頼関係を築く事が長く通院するポイントでしょう。