産婦人科で治せる病気|同性の医師がいるから安心

女医

元気な子供を産む方法

ウーマン

体に必要なものを摂る

妊婦は、お腹の中で胎児を育てるという重要な役割をしています。妊婦の栄養状態によって、胎児の健康状態も変わってくるので気をつける必要があります。妊婦がしっかりと栄養を摂っていれば、胎児もその分元気に成長することが出来ます。摂るべき栄養としては、葉酸やEPAやDHA、乳酸菌やビフィズス菌、ベータカロチンなどがあります。これらの栄養は、赤ちゃんが丈夫に育つ為に必要な栄養になります。そのため、妊婦は積極的に摂取する必要があります。特に葉酸に関しては、婦人科でもサプリメントの摂取が勧められることが多いので出来るだけ不足しないように気をつけながら摂取することが大事になります。基本は食品から摂り足りない分をサプリメントで摂ります。

バランス良く少量ずつ摂る

妊婦が摂るべき栄養はいくつもあるので、献立を作るのが大変になる人も多いです。しかし、十分な栄養を摂れないと胎児の発育に影響するだけでなく出産後に母親の体にもダメージが残ることがあります。出産後に無事母子ともに健康でいられるようにする為にも、妊婦時の栄養摂取は重要です。栄養の摂り方としては、バランス良く少量ずつを摂るということです。妊娠時は、つわりの影響であまり食欲がわかなかったり食べても戻してしまうこともあります。また、便秘になる妊婦も多いのであまり沢山食べるとお腹が苦しくなる人も居ます。そのため、あまり量は食べなくて良いので出来るだけ色々な種類のおかずを用意するようにして食べると栄養を摂りやすいです。